khaos

khaos
  • TOP
  • >
  • NEWS
  • >
  • 龍矢、今年こそK-1甲子園優勝を成し遂げる!「僕はK-1甲子園で優勝するために高校に入った。今年ラストチャンスなので必ずベルトを巻く」

龍矢、今年こそK-1甲子園優勝を成し遂げる!「僕はK-1甲子園で優勝するために高校に入った。今年ラストチャンスなので必ずベルトを巻く」

2017/05/14

 5月14日(日)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて「KHAOS.2」の一夜明け会見が行われた。


 昨日のメインイベント(第6試合)では軍司泰斗に勝利し、K-1甲子園で1勝1敗だった相手との決着戦を制した龍矢。会見では「昨日の試合が終わって、朝起きて思ったことは一から空手を教えてくれた師範や練習仲間、そして試合を組んでくれた宮田プロデューサーに感謝しました」と周囲への感謝の言葉を述べ、軍司との一戦を振り返った。


「試合前に倒すと言って倒せなかったので60点くらいだったかなと思います。(勝因は?)自分的には下がり際のパンチを打てることが出来たし、前に出て戦えたこともよかったかなと思います。


(K-1甲子園との違いは?)グローブが小さくなったこともあって、パンチも痛くて重かったです。特にボディブローがすり抜けて入ってきて痛かったですね。ただ僕も甲子園の頃はプレッシャーをかけられて下がる場面が多かったんですけど、今回はプレッシャーにやられんと前に出れたかなと思います。


(軍司との決着戦に勝利した)僕にはリベンジリストがあって、軍司選手に勝ち越して、リベンジリストからは半分くらい名前が抜けました。でもまた次で誰かに負けたら、その選手がリベンジリストに入ってくるので、ここからはずっと勝ち続けて、ここからは誰もリベンジリストに入れへんようにしたいと思います」


軍司戦を含めてプロで4戦のキャリアがある龍矢だが、ずばり目標はK-1甲子園優勝だ。龍矢は2015年・2016年と2年連続で準優勝に終わっており、今年がK-1甲子園優勝のラストチャンスとなる。


龍矢は「僕はK-1甲子園で優勝するために高校に入ったんですけど、卒業できちゃいそうなんですよ」と笑いを交えつつ「僕は1年生の時からK-1甲子園のベルトが欲しくて、そのためにめっちゃ練習しました。今年がラストチャンスなので、今年こそは必ずベルトを巻こうと思います」とK-1甲子園制覇の夢を熱く語った。

SCEHDULE
LINK