khaos

khaos
  • TOP
  • >
  • NEWS
  • >
  • 瑠久、ド派手なデビュー戦の次はK-1甲子園優勝だ!「K-1甲子園王者としてK-1に出たい。瑠久はやべえって試合を見せます」

瑠久、ド派手なデビュー戦の次はK-1甲子園優勝だ!「K-1甲子園王者としてK-1に出たい。瑠久はやべえって試合を見せます」

2017/05/14

 5月14日(日)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて「KHAOS.2」の一夜明け会見が行われた。


 昨日の大会ではデビュー戦ながらキャリア8戦のNATSUKIをKO勝利し、大きなインパクトを残した瑠久(るうく)。一夜明け会見でもプロ1戦の選手とは思えないほど堂々とした口調で「昨日はインパクトを残して注目を浴びたかったんでKOできてホッとしています。相手はプロで8戦やっている選手だったんで、ちょっと試合前にドキドキしていたんですけど、倒してやろうと思って戦いました」と語る。


続く質疑応答でも瑠久は「デビュー戦の緊張はなかったですね。アマチュアはグローブも大きいし、1R制が多かったんですけど、自分は小さいグローブでやるのが楽しみだったし、3Rの方がやりやすいっす」とキッパリ。


髪の毛をピンクに染めたのも「超目立ちたがり屋だから」で「昨日はとにかく会場を盛り上げて、瑠久やべえみたいに思ってもらいたかった。瑠久っていう名前を知ってもらいたかったです」と言ってのけた。(※ちなみに瑠久は本名だが、本人曰く「由来は分かりません(笑)」)


現在、瑠久は高校3年生。過去2度K-1甲子園に出場しているものの、いずれも優勝には手が届かなかった。次の目標を「今年のK-1甲子園で優勝すること」と定めた瑠久は「今年がラストチャンスなんで絶対にK-1優勝したい。K-1甲子園王者としてK-1に出る」。再びアマチュアでリングに立つことになるが「K-1甲子園でも『瑠久やべえ』って試合を見せるので応援よろしくお願いします」と“超目立ちたがり屋”らしく語った。


また宮田充K-1プロデューサーも会見に出席して大会を総括。プレリミナリーファイト第1試合で熱戦を繰り広げた中澤良介と泰輝を称えつつ「また10代限定の大会を開きたい」と話した。


「ベストバウトは佐野vs里見でしたが、個人的に一番良かったのはプレリミナリーファイトの第1試合ですね。今回は全員10代の選手ということで、運営としては心配なところもありました。その中でプレリミナリーファイトの第1試合で中澤良介選手と泰輝選手が素晴らしい試合を繰り広げてくれて、これはいけるなと感じました。


今回、10代限定大会として【KHAOS TEENS】を開催したのですが、タイミングが合わなかったり、怪我や対戦相手がみつからなくて、試合を組めない選手もいました。対戦カードが決まってからのエントリーもたくさんありましたし、また10代限定の大会を開きたいと思います」

SCEHDULE
LINK